在籍確認をなんたるかを知る!心づもりしておけばあたふたしない

借りるには避けて通れない在籍確認

キャッシングは信頼のもとで借りることとなるため、当然のように信頼できるかどうかの確認が必要となります。本人確認をするのもその一環なのですが、それ以上に重要視されるのが、働いていることが本当かどうかです。キャッシングを利用した時に返済されないのが一番怖いので、会社側は在籍確認を行っています。

 

企業に対して連絡を入れて、該当する人が所属しているかどうかを確認しておきます。本人が出る必要性は一切ありませんが、稀に本人が出ることを要求する場合もあります。そしてキャッシングが利用出来ると判断出来る状態であれば、そのまま審査を終わらせて利用可能にしてくれます。

 

在籍確認が通らなければ利用することはできませんし、キャッシングを利用したいと考えても、会社に所属していないことが分かればその時点で終わりです。在籍確認は本人確認以上に重要であり、失敗すると利用不可能な状態となります。そして嘘をついたと判断され、今後にも影響が出る恐れもあります。

 

在籍確認でひっかかる理由とは

在籍確認で審査に通らないケースとしては、まず在籍していると書いていた企業に所属していなかった場合です。キャッシングは信頼できると判断した人にだけ利用させるようにしていますが、これは嘘をついていると判断されてしまいます。そのためキャッシングを利用することが出来ないと判断され、審査落ちとなります。

 

また企業側が在籍確認の連絡を取らなかった場合も落とされることがあります。本来なら電話に出ることとなりますが、自営業などで面倒だから出ないという例があるため、この時も審査に落とされることとなります。キャッシング会社と話をするのが面倒だと思っていても、電話に出ないのは落とされる要因となります。

 

他には会社側がすでに倒産や休業をしていることが分かったために落とされたり、在籍しているけど休業中だった場合等も落とされることがあります。審査を通過できるのは、その時点で仕事をしていることが分かり、なお且つ所属していることの確信が取れる場合です。