無利息キャッシング

お金のないエピソードやキャッシング情報など

当サイトでは、いろいろな方の金欠にまつわるエピソードをはじめ、キャッシング情報などをまとめています。

 

人生を豊かにしてくれるお金は、やっぱりあればあるほど嬉しいですし、なくなるとイライラしたり不安になったり、心の平静にものすごく影響していると思います。

 

明日の生活もヤバいような金欠状態をはじめ、そんな修羅場を体験した方々のリアルな声をまとめてみました。

出張先でお金がなくて先方にお金を借りた話

 

美人女性

ちょうど昨年の8月に自身の引っ越しと知り合いの結婚式が2件重なり人生最大の金欠となりました。

 

これからは生活を切り詰めてお金を貯めないといけないなと反省をして決意を新たにしていたのですが、そういう時に限って不幸は降りてきます。

 

お金がないから頑張ろうと思っていた矢先、会社から出張命令が出ました。

 

うちの会社は交通チケットは会社から手配してくれるのですが、出張先での宿代や出張先でのちょっとした移動費、食費等は翌月の給料として上乗せされる仕組みで、出張時は自分で先に立て替えないといけないシステムでした。

 

ただ、その時の内容は1泊のみでそう大した金額でもなかったので、あぁ良かったと思っていました。

 

出張当日もなるべく安い宿泊場所を探し何とかしのげると安心していたのですが、出張先で急なトラブルが発生して急遽何日も滞在しなければいけないハメになりました。

 

宿泊費だけならクレジットカードで決済すれば乗り切れるだろうと思っていたのですが、トラブルを何とかするために、出張先でいろいろな場所へと出向く必要があり、交通費や食費が思った以上にかかってしまいました。

 

3日目の時点で手持ちのお金が残りわずかになってしまい、銀行口座にも貯金はなく、キャッシングもできないようにしていたので本気で焦りました。

 

もうどうすることも出来なかったので、先方の部長さんに事情を話し、お金は必ず返すのでお借りできませんでしょうか?と恥を忍んで誠心誠意お願いしたところ、部長さんは大笑いして、若いうちはそういうこともあるよね、このことは会社には内緒にしておいてあげるから大丈夫だよ。と快くお金を貸してくださり本当に救われました。

 

出張から帰ってすぐにお金を工面して、無事お返ししたのですが、その部長さんとはその一件以来親しくなり、今でも個人的に連絡を取り合うほどの仲になりました。

 

お金がなくて本当に困ったのですが、結果的には部長さんと親しくさせて貰うこともできて今では良かったのかなと感じています。


 

親からの仕送りとやりくり

 

ギターケースにお金

私は現在大学生で下宿しており、親からの仕送りで生活費をまかなっています。

 

家賃と水道光熱費、食費を合わせると、仕送りの額ぎりぎりだったり、少し上回ってしまったりする月が多いです。家賃は節約しようがないので水道光熱費や食費を削る努力をしていますがなかなか難しく、また衣服や娯楽にお金を使えません。

 

これを解決するにはアルバイトをするのが一番なのですが、なかなか重い腰が動かず、数ヶ月に一回は親に金の無心をしてしまいます。

 

大学生活の途中から、奨学金を借りるようにしました。借金で未来に負債を作るのはもちろん避けたいところですが、今を生き抜かなければ未来などありません。

 

同時に節約も以前以上に頑張るのですが、私はどうしても食費を削ろうとしてしまい、これをすると不健康になってしまいます。やはりアルバイトをしなければ、と思って自分ができそうなバイトを探して電話をかけてみたりもしましたが、なかなか雇ってもらうところまで漕ぎつけません。

 

振り返ってみると、私は計画を立ててお金を使うという事がとても下手です。毎月入ってくるお金と、避けようのない出費(家賃やある程度の食費)をちゃんと把握して、残りのお金を何にいくら使えるかを先に決めておくべきだな、と痛感します。

 

やはりお金はとても大切なものですから、ちゃんとしっかり使い方を考えなければいけません。

 

それにしても何よりも、とっくに成人している私に仕送りをしてくれる両親には感謝してもしきれません。自分が仕事について稼ぐようになったら、めいっぱい親孝行します。


 

働きながら大学院へ通っていますがお金が・・・

 

ポケットにお金

私は今働きながら大学院に行っています。10月末に学費の支払いがあったのですが、その時にどのように集めたかを書きます。

 

そもそもお金はありました。しかし、トラブルが発生したのです。中学生の時の友人から突然連絡がありました。しかもフェイスブックからです。今思えば、無視すればよかったのかもしれません。

 

ですが折り入って話があると言われ、会いました。そしたらどうしてもお金を貸して欲しいと。金額は6万円。このお金を貸すと学費が足りなくなります。私もそんなお金があるわけでなく、興味本位で始めたソーシャルレンディングで出費がかさんだので余裕がありませんでした。

 

それを説明してもしつこく食い下がられ、月末までに返すと言われて結局貸してしまいました。

 

しかし、よくある話で友達はつながらなくなってしまいました。というかそもそも友達ではありません。中学以来あっていなかったから貸した方がバカな話です。

 

非常事態の発生。
6万円を捻出しなければなりません。

 

知り合いがつながらなくなったのが31日。前日までつながっていたのに何故かつながらない。振込は金額が大きいため窓口での振込です。そのためリミットは15時。

 

まずは私は本を結構読むので、沢山本をもっていました。古本屋で本を百冊ほど売りました。しかし、たったの4000円です。

 

じゃあどうする?そこで思いついたのがキャッシングです。もうそれしかありませんでした。キャッシングをして無事?振込は出来ました。

 

年利は18%です。出来れば使用は避けたいものです。私にとっては救世主でしたので仕方ありませんが。

 

計画的にお金は使用していきたいものです。